英検対策・TEAP対策コース

どうせやるなら本物の英語を

小学生から受講できる、
一貫した英語指導コースです。

英検に合格するだけでなく、
中学校・高校の英語にもしっかりついていけるようになる
そんな英語指導を行っています。


小学生向けの英語教室は、
遊びやゲーム中心の英会話スクールか、
アルバイト講師が指導する塾ばかり。

そういうところに
大切なお子さんの英語教育の最初の一歩を任せて良いのでしょうか?


中高生を教えている学習塾だからこそできる

「中高対応の一貫した英語学習・英検対策」

あなたはきっと、これから先を真剣に考えていて、
英語の必要性は充分に分かっていると思います。

「将来的に英語で困らないように」

「きちんと中学・高校でも通用する英語力を身につけさせたい」

お子さんが英検にバッチリ合格して自信をつけ、
中高の授業にもきちんとついていける英語力を身につけて、
1ランク上の中学・高校生活を送ってほしいと考えています。

画像の説明

英語学習は最初の入り方が肝心です。
一度嫌いになってしまったり、
苦手意識を持ってしまうとなかなか厳しいものがあります。

だからこそ、はじめはしっかりと
「使える英語」を「教えるプロ」から学んでもらいたいと思います。


どうしてそんなことをいうのでしょうか?

いま、日本の教育が大きく変わろうとしています。
もっとも大きな変化は英語教育だからなのです。

小学校での英語教科化や英語外部試験の大学入試での利用など、
さまざまな英語教育改革が実行されようとしています。

これはつまり、グローバル社会を生き抜くため
「本当に使える英語」を誰もが身につけていかなくてはならないということです。

誰もが英語を使い、
英語でやりとりをする時代が来ると予想されているのです。

学校さえ卒業すれば、英語は使わないという時代は
間も無く終わりを迎えるのです。


「英語が気になっているんだけど、どこの塾・英会話教室がいいのかわからない。。。」

ご相談に来られる親御さんからよく聞くフレーズです。

これだけ塾や英会話教室が多いと迷ってしまうのもよくわかります。

学校の定期テスト対策や高校・大学受験対策であれば、
どこの塾でも合格実績など出していますから参考になりますが、

これからの「使える英語」となると、
どこの塾がそれを教えてくれるのか、不安に感じてしまうのも無理はありません。

しかし塾・英会話教室にはそれぞれ「教える人」のレベルがあります。
私たちプロが観ればここはちょっと。。。などとすぐ解ります。

ぜひ、英語指導の先生は慎重に選んでください。



当塾では、英語力の把握、目標設定として英検の受検をお勧めしています。
【また大学受験に向けてTEAPの受検を考える塾生も多くいます。】

小学生で英検5級〜3級取得、
中学生で英検5級〜2級取得、
高校生で英検3級〜準1級取得が中心です。

当塾の塾生(英語科受講者)は、
中学生で準2級の取得が当たり前、
高校1年生で英検2級取得が当たり前となっています。

当塾としては、
高校2年生で英検準1級に合格できるよう指導しています。

英検準1級合格の英語力がありますと、
大学受験の際に英語をかなりの武器として使うことができるからです。
ただし、当然本人の努力も必要となります。

経験上、準1級合格者は、
大学入試を有利に進めることが出来ています。

英検対策やTEAP対策をご希望の場合は、
責善学舎の英語指導の考え方をご覧の上、
まずは無料体験学習にお申し込みください。

『責善学舎の英語指導の考え方』はコチラから

英検TEAP対策の体験申込はこちら

また、英検取得に関してご相談がある場合には
お気軽に当塾までお問い合わせください。




英検の申込について

当塾の考えとして、本会場での受検をオススメしています。

そのため当塾は準会場(英検会場)となっておりませんので、
英検の申し込みは書店やネットから各自で申し込むようにしてください。

当塾は小学生にも英検3級を挑戦させていきます。
英検3級の面接試験は準会場では行われません。

早いうちから外部会場での試験に慣れ、
お子さんに度胸をつけておいてもらいたいと考えております。

この点をぜひご考慮いただき、経験を積ませ、
ご準備していただきたいと思います。


小学生が受検する場合、
保護者の方の付き添いが必要となることが多く、
大変かとは存じます。

わざわざお父様お母様に
ご負担をお願いするのは、

英検の受検を通し、
慣れない環境で実力を発揮する練習を積むことが、
必ずお子さまの成長につながると考えているからです。

保護者の皆様には、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

画像の説明

英検は他の検定とは違います。
英検3級以上で2次試験として面接が課されます。
(今後、各種英語の検定は会話の試験が課されていく傾向にあります。)

小学生も英検3級に挑戦していきますので、
出来れば外部会場での試験に慣れて度胸をつけておきたいと考えております。

面接試験は準会場では行われません。
経験を積ませ準備していただきたいと思います。

たしかに全く知らない人に囲まれての試験は
緊張を強いられるかも知れません。

もしかすると実力がきちんと
発揮できないかもしれません。

お父様お母様も、
弟さんや妹さんを抱え、
付き添いや留守番など大変かもしれません。

それでも、せっかく英検受検するのですから、
お子さまには貴重な経験を積ませてあげていただきたいと思います。

上記理由により、
今後も当塾は英検に関しては準会場申請する予定はございません。

ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

英検TEAP対策の体験申込はこちら


付き添いについて(保護者の方へ)

お父様お母様には、
一度で良いので英検の付き添いをされてみてください。

身近に頑張っている我が子を感じることができ、
良い経験になるはずです。

付き添いに関しては、塾長 神澤の体験談を参考になさってください。

英検の付き添い1を見る

英検の付添2(2次試験の場合)を見る



英検TEAP対策の体験申込はこちら

受験票(本人確認票)について

英検を申し込むと、受験票が届きます。
こんな感じのものです。

画像の説明


小さい子や慣れていない子の場合、答案用紙の記入に手こずる場合があります。
受験票を見ながらマークシートをぬりつぶす練習もしておきたいですね。

画像の説明



英検TEAP対策の体験申込はこちら