責善学舎の数学


  • 解き方を教えて、“わかった”だけでは終わりにしません。
  • わかった問題が本当に“できる”ようになるまで、徹底的に反復練習を行います。


 何度も類題を練習する

責善学舎では練習・演習を重視した授業を行っています。
その時に大切なのが類題演習です。

こんなことで困ったことはありませんか?

  • ミスが多く、点数を落としている
  • 基本からよく分かっていない
  • 同じ範囲の問題だけど、問題文が変わると解けなくなる

自分の得意な範囲や弱点範囲を演習するときに、
代表的な問題を何題か解くだけでは実際のテストで使える知識とはなりません。

必要なのは、徹底的に何度も何度も反復練習することです。
こうすることで、定期テストや入試本番で活かせる本物の力となります。

 ひとりひとりに合わせた反復練習

  • 問題文や数字が変わっても、聞かれていることは同じだと分かるようになります。
  • 類題演習を繰り返すうちに、自分の弱点が分かります。

こうしたことから、生徒さんが使う数学教材は、おもにプリントとなっています。
プリントは、すべてパソコンにデータとして保存されています。

ひとりひとりの学力や性格、目的(志望校)や勉強のやり方まで考慮に入れ、
数学の授業が単なる説明を聞くだけの授業にならないようにしています。


 数学ができる理由・できない理由

多くの学校・塾が、わかりやすい親切丁寧な授業をしてくれます。
そして大切な復習や反復練習は自宅での宿題となってしまいます。

しかし、生徒さんが自分から復習や反復練習に取り組まなければ、
せっかく“わかった”問題も、時間がたつと忘れてしまいます。
自分で復習・練習ができるのなら、塾などは必要ないはずです。

私たちは、宿題をやってこないから・復習をしないからという言い訳はしません。
できるようになるまで、練習にこだわります。