[ふじみ野市の塾 責善学舎] 中学2年生新規入塾生徒募集中です

こんにちは。
今日は風が強いですね。

センター試験まで残り一日となりました。
大学受験生の皆さん、最後のひと踏ん張り頑張って下さい!


大学入試で合否を決める重要な教科が英語です。
単純な話、理系も文系も英語は普通必要になりますからね。

それに、これからの日本は、
海外から人もたくさん来るでしょうから、
仕事や日常で英語が必要になる機会も増えそうです。

だからこそ、中学生の段階で
しっかりとした英語力の土台作りをすることが大切になります。

英語の基礎力は
全て中学で学ぶものに集約されています。


そんな大切な中学英語を、
単なる試験のための対策で終わらせてよいのでしょうか?

ただ試験のために暗記させるような英語指導で
本当に子ども達のためになるのでしょうか?

私どもはそうは思いません。

これからのことを考えれば考えるほど、
英語はしっかりと指導するべきだと考えています。

責善学舎の英語指導の考え方について、
詳しくはこちらをご覧ください。

『責善学舎の英語指導の考え方』はこちらから


つまり、中学で学ぶ英語は非常に重要な訳です。

それにもかかわらず、学校も、もちろん塾も
中途半端な英語力で子どもたちを指導しているのが現状です。

例えば will = be going to とか言って、
書き換え問題を子ども達に暗記させているレベルです。

でも、違う言葉、違う表現を使っているのですから、
当然その2つの言葉はニュアンスが違うはず。

will と be going to の違いを説明できるように学ぶのが、
本来の英語学習のはずです。

そういう部分がすっぽり抜けているのです。
だから、高校以降の少し高度になった英語が分からなくなる…。


もう、そういう英語指導はやめにしませんか?

英語の構造・文法の意味を分かっていれば、
自分で英文を組み立てることができます。

そういう学習を積めば、
英語を話せるようにもなりますし書けるようにもなります。

責善学舎ふじみ野教室では、
そういう英語学習を子どもたちに提供しています。

もちろん、英語を暗記してクリアすることも一つの道です。
それを否定はしません。

でも、ただ覚えなさいと言われることに抵抗を感じ、
英語を納得して学びたい子もいるはずです。

そういう子には責善学舎の英語を
ぜひ体験してもらいたいと思います。


そこでお知らせです。
新年度の募集がスタートします。

いまなら無料で体験が出来ますので、
ぜひ一度、責善学舎の指導を味わってみてください。

お申し込みはこちらからお願いします。
責善学舎の指導を試してみる

通常、一回4000円の授業を、
ホームページから体験にお申込みいただければ、
2回分を無料とさせていただきます。

募集チラシも配布スタートします。
チラシをお持ちの方も2回分が無料となります。

皆さまの申し込み、お待ちしております。

なお、中学2年生の残席数は5席です。
小さい教室なので定員になり次第募集終了いたします。


今日は塾長神澤が執筆いたしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



画像の説明



コメント


認証コード8952

コメントは管理者の承認後に表示されます。