学校再開に向けて

本日、緊急事態宣言が解除となりました。
これに先立ち、埼玉県教育委員会では、県立学校では
6月1日より分散登校、時差通学を活用しながら
段階的に学校を再開すると発表されました。
ようやく、令和2年度の学校が始まります。

窓



責善学舎ではこの休校期間中、
塾長と生徒さん、保護者の方と面談をさせていただきました。
面談をすることで、どのようなことを不安に感じてらっしゃるか、
今どうするべきかを、塾とご家庭で共有するためです。
面談をさせていただいたことで
不安が少しでも減り、学校再開に向けての活力となったならば幸いです。

塾を開いて20年間、
このように3ヶ月も休校になるということは
当然ですが初めての経験です。

3ヶ月間、生徒さん、特に保護者の方はよく頑張られたと思います。
面談をしていてやはり皆さん、
「この先学校はどうなるのだろう」ということを心配されていました。
特に進学を控えた方からは、そのような話が多く聞かれました。

正直申し上げて、塾の方にも進学情報はほとんど入ってきてません。
先週末頃から、ようやく
「オンライン説明会を開催する」という情報が数件ありました。
緊急事態宣言が解除されても、しばらくはコロナ対策として、
これまでと同様の対策をとることが求められています。

大規模な説明会は、今しばらく開催されないと見てよいでしょう。
受験生の皆さんは、気になる学校のホームページで
オンライン説明会などの情報をチェックしてください。

また受験生以外の方も、
学校が再開したらどのようになるのか
気になっているという言葉も聞かれました。

当然のことと思います。
年度始めから休校になってしまったことで、
クラス替えもあり、特に新1年生の方たちは
新しい環境に慣れるまで不安と緊張でいっぱいのことと思います。

夏休みまで、たった2ヶ月しかありません。
きっと学校の先生たちも、
生徒の皆さんによい授業・学校生活が提供できるように
必死になることと思います。

塾としても、親としても、
丁寧に生徒さんに向き合ってくれることを学校には期待します。

そして実はこの3ヶ月は
自分と向き合う、親子で向き合う、とても貴重な時間であったと思います。
無理矢理3ヶ月も学校を休むなんてことがなければ、
取ることのなかった時間です。
この経験は決して無駄ではありません。

学校が始まり、
授業進度、学校生活、進路に不安が出てくるかと思います。
そのような時は遠慮なく、塾を活用してほしいと思います。




責善学舎では埼玉県内はもちろん
県外の方も多数受講中です。
対面授業はもちろん、
6年前よりオンライン授業も取り入れております。

塾生でなくても塾長と話ができる、
「塾長の特別面談」は随時受け付けています。
まずはこちらをご覧いただき、
お問い合わせください♬

初めての方はこちら➡︎はじめての方へ
責善学舎ってどんな塾?➡︎責善学舎の信念
授業を体験したい方はこちら➡︎入塾の流れ

コメント


認証コード7434

コメントは管理者の承認後に表示されます。