中高生大好き!!

【中高生大好き!!】

塾長の話です。
変な意味ではありません。

20年、夫が塾で教えている姿を見ていますけど、
中高生に教えることが
本当に楽しいようです。

たいてい、
教科書の内容「以外」のことを話している方が
イキイキしています(笑)

中高生は一番多感な頃です。
勉強以外にも悩みはたくさんあるはずです。
ところが20年塾をやっていると、
20年前とは生徒さんの「質」が変わってきました。
なんというか・・・外向けには大人しくなった??

これを書いている「塾生みんなの母ちゃん」も塾長も
1970年代生まれです。
私の中学生の頃、1980年代は
学校には「不良」と言われる人たちがいて
短ラン・ボンタンを着て(長ランはすでになくなっていました)
タバコを吸ったり、授業中に急に教室から出て行ったり、
先生とケンカをしてみたり、
騒がしい人たちがいたものです。

画像の説明



「今日から俺は!」がドラマなんかではなくリアルだったんですよね。

塾を始めた2000年には
まだ騒がしい感じが少し残っていて
塾生でも、学校の先生を手こずらせている生徒さんはいましたが、
20年経った今では、
そんな生徒さんは、まずいません。

恋愛についても淡白になったような感じです。
20年前は塾長に相談といえば
進学相談よりも恋愛相談で
中には、公園で彼女とキスしているところを

画像の説明



偶然通り掛かった彼女のお父さんが見てしまい、
お父さんに殴られたという強者もいました。

画像の説明



最近は恋愛相談に来る生徒さんは
ほとんどいません。

いろんな意味で
どちらかというと「自分のことがわからない」生徒さんが
多くなったように思います。
自分の好きなことがわからない、とか
自分のやりたいことがわからない、とか
自分はどうしたらいいのかわからない、とか。

昔は外向きに発散させているだけ
周囲には反抗というか反発というか
そういったことがわかりやすかったのですが、
今はよくよく見ていないとそれがわかりづらい。

いや、もう、自分がどう思っているのかすら
よくわからないお子さんが多いように思います。
そういったお子さんに多いのは
自分の考えで行動しているのではなく、
周囲の価値観が、自分の価値観だと思ってしまっている。

その「思い込み」を外してあげると
中高生たちは、面白いように羽ばたいていきます。

画像の説明



塾長はその生徒たちが変わっていく姿が
嬉しくて、楽しくて仕方がないんですね。

外側から見える態度は違っても
20年前も今も、
中高生たちの繊細さや可能性は同じ。
少しだけ後ろから押してあげると
グッと変わっていきます。

若い子たちの「可能性」のある姿を見ているだけで
私たちもワクワクさせてもらっています。

コメント


認証コード7911

コメントは管理者の承認後に表示されます。