かあちゃんのひとりごと

皆さま、短い夏休みをいかがお過ごしでしたでしょうか。

トウモロコシ畑



夏休み、といっても
外出自粛の雰囲気が漂う中、
どこにもいかなかった人も多いのではないでしょうか。

本当に、今年度の子どもたちはかわいそうです。
学校は休校期間の遅れを取り戻すべく、
夏休み明けからフル回転で授業を進め、
しかもこの猛暑の中、
エアコンはつけるけど換気のために窓は開ける…
そんな中で授業をすると言われても、暑いですよね。

お弁当や給食の時間は
飛沫を防ぐべく、食べることに集中。
さらには感染防止のため
学校行事や部活の大会は軒並み中止。

感染防止を進めるあまり、
学生生活を楽しむ機会が奪われていると
思わざるを得ない。

たしかに学校というところは
学習をすすめるべきところであるのだけど、
授業をこなすだけのところであってはならないと思うのです。

今「ソーシャルディスタンスを取りましょう」と
さかんに叫ばれています。

人との距離を開ける。
マスクなど何かをつけないと面と向かって話せない。
こういった状況では
これからの子どもたちは
どうやって他人との関わりを知るのでしょう。
友だちと密接に付き合うことを
どのように学ぶのでしょう。

きっとこれからは、
他人との「距離感」がわからない子どもが
増えていくことでしょう。
非常に心配です。

木漏れ日



夏休み明けのこれから、
学校がどのように授業や学校生活を進めていくかは
そのときにならないとわからないことも多いと思います。

子どもたちがのびのびと学習し、
生活できる環境になることを願います。




【お子様のことでお悩みの保護者の方へ】

夏休み明けは、お子さんのことでお悩みの保護者の方は
多いかと思われます。

責善学舎では塾生以外の方も、塾長が
学習や生活についてのご相談(面談)を承っております。
遠方の方は、ZOOMを使ってのご相談(オンライン面談)も対応いたします。
一度お気軽に塾長に会いに来てください。

塾長面談の様子については
こちらのブログをご覧ください。
塾長特別面談のご感想をいただきました

面談のお申し込みはこちらのお問い合わせからお願いいたします。
お問い合わせ

コメント


認証コード5980

コメントは管理者の承認後に表示されます。