よくあるご質問

Q.責善学舎にはどんな生徒さんが通っていますか?

当塾の教育にご賛同いただき、真剣に勉強しようとする生徒さんにお越しいただいています。

ふじみ野市の大井中学・大井東中学の生徒さんを中心に、
三芳町・富士見市・川越市在住の生徒さん、私立中学高校に通う生徒さんなど、
小学生から高校生までが通塾中です。

また、遠方にお住まいのため、通塾が大変な生徒さんには
「オンライン講座」を用意しています。

「オンライン講座」は、県内遠方だけでなく
県外・都内から受講される生徒さんがいらっしゃいます。


Q.生徒さんの学力レベルはどれくらいですか?

生徒さんの学力レベルは個々様々ですが、それが私たちの誇りです。
いつも満点近い成績の子もいれば、平均点あたりの子もいます。
学校の進度から遅れてしまっている子もいます。

ふつう、進学塾は合格実績を出すために、もともと学力の高い生徒さんに
たくさん来てもらいたいと思っています。

しかし、責善学舎は、どのような学力の子でも、その子ひとりひとりに合った指導で、
必ず成績を上げる自信がありますので、今の成績を気にする必要はありません。

中学生の多くの子は、近隣の県公立・私立高校(川越・川越女子・川越東高など)を志望しています。


Q.英語・国語専門塾と聞いたのですが、数学の授業はないのですか?

たしかに、責善学舎が得意としているのは英語と国語の指導です。ですから、英語・国語に関しては小学生から高校生までトータルな指導が可能となっております。

しかし、当塾はもともと高校受験対策の学習塾として、和光市での開室以来20年の指導経験があります。ですから中学生には全ての教科の指導が可能となっています。

その他の教科も、空席状況によって受講が可能となりますので、まずはご相談ください。


Q.塾の授業についていけるか心配です?

責善学舎はひとりひとりの学習状況に合わせて授業を行います。
ですから「授業についていく」という発想がそもそもありません。

集団授業のような、授業が先に進んでしまい置いていかれるという心配をされていると思いますが、
ひとりひとりに合わせた授業を行っていますので、その点はご安心ください。

授業はその子の状況に合わせ、レベルを設定し、復習・先取りを行います。
学校の進度に合わせ、定期テストに目標を設定して授業を進めていきます。

受験対策や特別な対策をご希望の場合はご相談ください。


Q.体験入塾はできますか?

はい。責善学舎の独自のシステムを体験いただき、
授業の様子を知ってもらうために体験学習が可能です。

体験をしていただく理由は

  • 授業を受けるのではなく、勉強する教室
  • ひとりになって集中する時間を大切にする
  • 学力を身につけるための練習中心の指導

と説明しても、なかなか分かりにくいからです。

実際の授業を体験していただければ、それがどういうものなのか
すぐにお分かりいただけると思います。

英語や数学など、責善学舎独自の教育法もあります。
集中を維持して効率よく学習するしくみです。
ぜひ一度体験してみてください。

少なくとも、当塾に通う子を見る、
集中して学んでいる子たちがいるということを知るだけでも、
お子様にとってはよい刺激になると思います。
体験してみないと、もったいないくらいです。


Q.塾長特別面談とは何ですか?

これは、責善学舎塾長 神澤による特別面談です。20年の学習指導経験と風水研究に加え、心理学、認知科学などを応用し、メンタルに働きかけて、モチベーション維持や成績向上へとお子さんを誘導します。

なぜか、この面談を受けるだけで成績が上がったり、部活動で好成績を出す子が出たりします。塾長に言わせれば、「どんな子にも無限の可能性があるのだから、結果が出るのは当たり前」だそうです。

その子が抱えている蓋を外し、本来持っている力が発揮できるように導く50分間の面談です。
ちなみに、この面談で、苦手教科の克服、部活動での活躍、不登校の解消、不登校状態からの進路実現などの結果も出ています。

現状を嘆くのではなく、未来を見つめる面談に興味がございましたら、面談のみのお申込みも受け付けておりますので、ご利用ください。お子さんだけでなく、保護者の方のみの面談も可能です。


Q,わからないところはいつでも教えてもらえますか?

これはよく保護者の方から聞かれる質問です。
でも、一度考えていただきたいのです。本当に分からないのでしょうか?と。

生徒さんから質問があると、

  • 分からないのか
  • 知らないのか
  • 問題の意味が不明なのか

を最初に確認しています。
そうして分からない原因を探すのです。

  • 教科書をよく読んでいない
  • 知らない言葉があっても辞書を引くのを面倒くさがる
  • 前に習ったことを忘れている

など、原因を突きとめて、まずは自力で解決できるように導きます。

こうすると、実はほとんどの問題は自分の力で解くことができます。

最近「うちの子には、いつでも何でも教えてあげてほしい」
そのようにお考えの親御さんが多くなったように感じます。

実はそれが、子どもたちの成績上昇を妨げているといったら驚かれますか?

子どもたちには、教科書や辞書、参考書があります。
学校でまとめたノートもあります。

いつでも何でも教えてしまうと、子どもたちは、
これら「勉強するための道具」があることを忘れてしまいます。

しかし、道具を使って、自分で考えればほとんどの問題は解決できます。

私たちは、志望校に合格するために、

自分で壁を乗り越えていく力自信を身につけさせるのが大切だと考えています。

決して、子どもたちに勉強で楽をさせることを教えたくありません。
いつか誰かが何とかしてくれると思ってもらいたくないのです。

もちろん、自力でやるべきことをやった子や、ハイレベルな受験問題に挑戦している場合には、
家庭教師の何倍もていねいに教えています。


Q.定期テスト対策はありますか?

はい。希望する方にテスト2週間前から実施しています。

テスト範囲を、集中的に繰り返し練習します。
生徒さんひとりひとりの学力と目標点に合わせて、学習計画を作成しますので、
生徒さんは塾へ来て自分に必要な勉強に取り組んでいます。


Q,自分から質問に行けない子ですが、大丈夫でしょうか?

はい。困っているような時はこちらから声をかけますので大丈夫です。

ただ、勘違いしてもらいたくないのは、自分で考えるべき時には考えることが必要だということです。
ですので、声をかけるときと、あえて声をかけない時があることをご理解ください。

人は考えている時に賢くなります。


Q,授業形態は多人数ですか?それとも少人数ですか?

当塾は集団授業とも、個別指導ともいえません。
対話型個人別指導と名付けています。

マンツーマンですと依存心を植えつけてしまうことになり、
集団ですとひとりひとりを大切に指導できません。

ですから、周りからの刺激も受けられ、個々の課題にも十分時間の取れる
現在の授業形態が最適だと考えます。


Q,授業料はいくらですか?また授業料以外に発生する料金はありますか?

学年や指導レベル、受講回数などによって変動いたします。

一例としては、
小学生の英検5級対策コース・月額8400円(税別)【月4回/各40分】、
英語トップレベル完成コース・1回150,000円(税別)〜
など様々です。

受講回数、兄弟受講、コースや季節講習会にも割引制度がございます。

受講コースによっては登録料・学力分析 指導レベル設定料・データ作成手数料として
15,000円(税別)をご負担いただきます。
入塾後、お子様に早く授業になれていただくジョイントプログラム、入塾以前の学力分析、個人教材設定および希望進路別データ作成料となっています。

また教科によって、テキスト代やプリント代が必要になる場合がございます。


Q.先生はアルバイトですか?

たまにこのようなお問合わせをいただきます。
このようなご質問で本当にお聞きになりたいのは「先生の質は大丈夫か?」ということではないでしょうか。

お子様は塾長の神澤、教室長の鈴木が責任を持ってお預かりします。
また指導力の高い教員経験者の方のサポートをいただいております。

アルバイトでサポートをしてくれるスタッフは、原則、当塾の卒業生となります。
つまり、生徒さんにとってはスタッフ全員が先輩ということになります。

塾長 神澤と共に学んできた生徒さんの中で、本人からの希望があり、
かつ神澤が「この子なら!」と思った子がスタッフとなっています。

学生、大学院生、社会人に関わらず、スタッフ全員が人の為に一生懸命になれる人たちです。
なにより塾長 神澤の理想としているところを体で知っている、頼れる先輩達です。


Q.パソコンを使って英単語を学ぶそうですが、パソコンが苦手な子は大丈夫です?

はい。パソコンが苦手なのではなく、パソコンをあまり使ったことがないのではないでしょうか?
子供は大人以上にあっという間に使いこなしてしまいます。

それでもどうしても不安という方は、まずはお子様に体験で確認していただくのがよいと思います。


Q.入塾テストはありますか?

大手塾などで行われているような学力判定の入塾テストはありません。
責善学舎は現在の学力で入塾できる、できないを判断していません。

ただ授業の間きちんと座っていられるかどうかが、
ある意味、入塾テストと言えるかもしれません。

周りも真剣に取り組んでいますので、みなさん影響されて気がつけば
授業時間が過ぎているということが多いようです。

※くわしくは入塾の流れをご覧ください。


自習室はありますか? 回答その1

この質問は、入塾前のご相談で、ごくごくたまに聞かれることがあります。

当塾は3.11の大震災以降、自習室の開放を一切やめました。(3.11以前は自習室を開放していたのです…。和光にいた頃のことです。)

やめた理由は3つあります。

1つは、こちらがきちんと生徒さんの所在を把握できないからです。
自習に来ている生徒がいて、たまたま筆記具を買うために塾から外出していたとします。そのときに大震災が起きたとしたら、私たちはその子の安全を確保できません。
あるいは、家では塾に行っていると思い込み、でも本人は友達と遊んでいると、緊急時に対応できません。

このようなことを防ぐため、いつ塾に行っているのかを家庭できちんと把握できるように、また塾もスタッフが必ず塾生の入室を把握できるようにすべきと考えました。2011年3月の大震災はこうした危険性を教えてくれたと思います。

当時塾を開いていた和光市は大丈夫でしたが、もし停電にでもなれば、自慢の出席管理システムも使い物になりません。携帯電話がほとんど使い物にならなかった経験も忘れてはならないと思います。


自習室はありますか? 回答その2

自習室をやめた理由の2つ目は、自習と称して友達と話していたり、睡眠タイムにしていたりと、それならば、授業でちゃんと勉強させた方が良いと考えるからです。

ですから、当塾にはいま自習という名の放置は一切ありません。あるのは教室で真剣に集中して勉強することだけです。

自習室はありますか? 回答その3

自習室をやめた理由の最後、3つ目の理由は、自習している子が必ずしも成績が上がるわけではないと知ったからです。むしろ、毎日の生活を規則正しくする方が成績が上がります。

塾を始めた当初は夜の22時、23時まで自習を許していたことがありました。しかし、これは全く良くないことでした。当時は若かったのだ経験不足だったのだと思うようにしていますが、今も反省しています。当時の塾生たちに謝りたいです。

生活のリズムを、塾が率先して崩していたのですから、元も子もありません。自習云々よりも、ちゃんとした生活をさせる方が大切です。

そのために授業の終了時間も早めました。授業は21時までに終わりにします。塾より、勉強より、毎日の生活をきちんとさせることの方が重要と考えているからです。

面白いもので、それで成績が下がったという事実は1つもありません。むしろ、成績は上がっているので、決断して良かったと思っています。

自習自体を否定しているのではありません。学んだことを練習するのはとても大切なことです。でも、塾に来る人は練習がうまく行ってない人が多いものです。だから練習の時にこそ、指導者がいるべきだと思います。練習が必要な子に自習室はどうなのでしょうか?

本当に自習室が必要なのかどうか、なぜ家庭で勉強できないのか、そこを見極めることが肝心だと考えます。


Q.通わせたいのですが、遠方で通塾が大変です。あきらめるべきでしょうか?

パソコンやタブレット端末などを使用して授業をオンラインで受講することができます。
ネット中継でマンツーマンのレッスンが可能ですので、
ぜひ、そちらの受講をご検討ください。

インターネットを使い、
通塾する場合と変わらない指導が可能となっております。

すでに、遠方にお住いの方、部活動や諸活動で時間の取れない方、
他塾に通われている方にご利用いただいており、
非常に良い結果も出ております。

通塾生であっても、悪天候などで授業参加が困難な際に、
このオンラインでの授業を活用して学習ペースを維持しています。


Q.オンライン講座はどういうものですか?

パソコンを通して指導を行う
個別指導形式の授業です。

ライブ中継で講師とつながっているので、
もちろん質問も可能です。

録画された授業を見るのとは違い、
ネット中継で生徒さんと一対一の授業を行います。

天候や通塾の面倒くささに左右されないので、
部活で忙しい方、遠方にお住いの方に多くご利用いただいています。

このオンライン講座の必要性を感じたきっかけは
2014年の朝霞市で発生した誘拐事件でした。

子どもたちの安全を考えると、
通塾といえども夜遅くまで外出させるのはよくありません。

責善学舎の授業終了時間が
周りに学習塾に比べて早いのも同じ理由です。

インターネットの発達によって、通塾と変わりなく
オンラインで授業を行うことができるようになりました。

友達と楽しく通塾するのも良いかも知れませんが、
今の時代は子ども達の安全を第一に考えるべきと考えます。


Q.不登校の子も通塾可能ですか?

はい、大丈夫です。
その子の状況に応じて、別の時間帯を用意することもできます。

まずは塾長との個別面談に申し込んでください。

お問い合わせから