「自分の好きなことがわからない」方へのヒント

このところ塾生と話していて感じるのは、
「自分の好きなことがわからなくなっている」。

コロナ感染拡大で休校になり、
時間を持て余していませんか?
「時間があるのに
勉強をする気分にもならないときは、
自分の好きなことに没頭すればいい。」
そう思うのですが、
「自分の好きなこと」が
わからなくなっている生徒さんが多いです。

好きなことがわからないと、
時間があってもどうしていいのか
わからないかもしれないですね。

ただ、私たちは
生徒さんと話すことが多いので、
そのように見えているのですが、
もしかしたらこれは
大人にも言えるのかもしれません。

子どもでも大人でも
本当はずっと小さい頃に好きなことがあったはず。
本を読むことでも、散歩に行くことでも。
パズルをすることでも、レゴをすることでも。

けれど
学校や部活、大人だったら仕事に追われて
自分のための時間が取れなくなってしまう。

そこに
仕事だったら上手くこなさなければいけないプレッシャーだとか
親からの期待だとか
そういったことが重なって
次第に本当の自分が分からなくなっていくのかと思います。

けれどそれは淋しいことだと思うのです。
子どもたちには
勉強ができる、
進学校に合格する、
部活で全国大会にいく、
とか言う前に
人として幸せな毎日を送ってほしいなと思っています。

自分の好きなことをしている時間って
幸せですよね。

そこで
「自分の好きなことがわからなくなっている」方にご提案。

スマホやパソコンに残っている履歴を見ると、
自分の好きなものが何か分かるヒントになりますよ。

スマホを操作



それでもなかなか見つからないときには、
塾長とお喋りをしに来てください(^^)

コメント


認証コード0165

コメントは管理者の承認後に表示されます。