コロナ離婚って…

最近のワイドショー。
毎日「コロナウイルス」の話題ですよね。
感染者が増えたとか、減ったとか。
この街はこんな状況で、
この家はこんな対策をしている、とか。

ワイドショーですから
話題に事欠かないのはいいことなのかもしれません。
でも以前から感じていたんですよ。

ワイドショーって人の批判ばかりしていて
いいことをほどんと報道しない。
いい情報もあるかもしれないけど、
負の情報に振り回されることもある。
見ているとだんだん気持ちが沈んでいくんです。
なので最近はあまり見ないようにしています。

そうしたら最近友人から聞いた話では
「コロナ離婚」っていうのがあるんですって??
外出自粛・リモートワークの影響で始終顔を合わせているから
ストレスがたまって、
お互いの小さな嫌なことが見えてくるのでしょうか・・・

ストレスがたまっているのは
大人だけではありません。
子供たちもストレスがたまっていることでしょう。

ずっと家にいても
何をしていいのかわかりませんし。
ゲームをしているか、携帯をいじっているか、友達と電話をしているか、
そんなところでしょうか。

それを見ていると
親としてはイラッとしますよね。
「勉強しなさいよ!!」って思っちゃいます(笑)

うちの子供たちも自分の部屋にこもって
何をしているんでしょうって感じですよ(笑)
でも、危ないところに出て行って命を落とすより、
家で好きなことをやっている方がいいじゃないですか。

もし私が中学生・高校生の時にこんな状況になっていたら、
ずっと寝ているか、漫画を読んでいるかだったでしょうね。

あさきゆめみし
(高校時代、あさきゆめみしは授業中に読んでいました(笑)
先生、ごめんなさい…😅)


携帯はない時代だし、家電は長電話をすると怒られていたし。
ひとつ言えるのは、絶対に勉強はしていなかった!!

だからうちの子供たちにも
「勉強しなさい!」とは言えないなあ(笑)

この「新型コロナウイルス流行」は
負の面ばかりがクローズアップされますが、
私はこれは物事をきちんと考えましょうという
警鐘なのではないかと思っています。

日々の健康対策、買い物の仕方、
仕事との向き合い方、お金との向き合い方、
自分の趣味の時間の使い方、
夫婦のあり方、親子のあり方、
友人との付き合い方。
様々なことについて
今私たちは考えさせられているのだと思います。

この外出自粛で
あまりにも親子でイライラしている場合は、
第三者に話を聞いてもらうのもいい方法です。
ママ友・パパ友に話を聞いてもらうのもいいかもしれません。

でもママ友だと、どうしても
お母さんが欲しい答えをママ友に求めてします。
なかなか子どもの視点からは見づらいものです。

そんな時は塾を利用するのもいいかと思います。
当塾では現在、塾生の皆さん、保護者の皆さんと、
zoomを使ったオンライン面談をしています。

もしこのブログを読まれている方で
「誰かに聞いてもらいたいけど、
聞いてもらえる人がいない・・・」
という方がいらっしゃいましたら、
当塾をご利用ください。

当塾では「セカンドオピニオン」のように
他塾に通われている生徒さんでも
塾長との「特別面談」を受けることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
責善学舎の信念

コメント


認証コード6374

コメントは管理者の承認後に表示されます。