各種検定・北辰テストの実施状況


ゴールデンウィークが終わりました。
例年でしたらゴールデンウィークが終わると
すぐに中間テストとなっていました。

しかし、今年はテストどころか
学校が始まっていない・・・
中間テストは実施しないところが
ほとんどではないでしょうか。

大学ではすでに
オンラインにて授業を始めているところもあるようです。
一部の私立高校では大学と同じように
オンライン授業を始めようとしているところもあるようですが、
さすがに公立の中学校ではそうはなりません。
学習については
生徒さんの自主努力に委ねるところが大きいと思われます。

今後の授業のあり方、進め方、定期テストの実施、
それに各種検定試験、
受験生にとっては受験校選択や北辰テストの実施など、
あらゆることを想定して
動いていかなければならない、
かつてない難しい状況だと思います。


まずわかっていることは
・英検:5月31日実施予定の第1回検定は、6月28日へ延期

・漢検:6月21日実施予定の第1回検定は中止(一部の準会場では別日程で実施)

・数検:4月12日実施予定だった個人受験・第1回検定は延期

※詳細は各検定HPをご覧ください

・北辰テスト:4月26日実施予定だった第1回試験は中止

主なものはこんなところでしょうか。

画像の説明

県内のほとんどの中学3年生が受験する北辰テストについては
例年、第1回目のテストは
まだ3年生が部活動引退前なので受験者数が少なく、
成績を出すというよりは
「テスト慣れをする」という意味合いも強いので、
受験者にとっては
中止されても問題はないかもしれません。
(北辰テストをいつ受験すればいいのかについては
こちらのブログをご覧ください)
⇨中3生・北辰テストはいつから受けるのか?

英検・漢検・数検については
すべての検定を受けるとなると
日程的にはもちろん、お値段的にもかかってしまうので、
「どれか一つを選んで受ける」となった場合に
お勧めしているのは『英検』です。
(理由についてはこちらのブログをご覧ください)
⇨中学3年生・今受けてほしいテストはこれ!!⑴

英検を受けるとなった場合に問題となってくるのは
英検一次試験と期末テストの日程に
日数がほどんとないこと。

中学3年生は受験校の個別相談会に行く時に、
1学期の成績を「3年生の成績」として相談します。
ですから1学期の成績は重要です。

今回、中間テストがないということは、
期末テストの出来具合で
1学期の成績が決まると言っても
過言ではありません。

しかも中間テストがなかった分、
期末テストの範囲が大きくなることが予想されます。

ということは、
英検を受ける方は期末テストへの準備も
早めに始めた方がいいと言えるでしょう。

残念ながら、第1回英検の申し込みは
すでに締め切っています。
しかし英検の申し込みをされなかった方も
期末テストの範囲が大きくなることは同じ。

休校によって
生活リズムが崩れやすくなっていますが、
ここで頑張った人が、あとで笑えるものと思ってます。


コメント


認証コード4605

コメントは管理者の承認後に表示されます。