「英語ができたらいいなぁ」
これはきっと誰もが抱いたことのある願いでしょう。

でも日本人の多くがその願いを叶えられていません。
中学・高校と6年間も英語を勉強しているのに、満足に英語を使うことができないのです。偏差値が高くても、学校の成績が良くっても、英語が使えるとは限りません。たくさん勉強して、テストでいい点を取っている人たちも、英語が使えない人だらけなのです。

なぜでしょうか?
こんなに英語を勉強しているのに、いまだ英語を使うことができないのは、なぜなのでしょうか?

それは「対策」として英語を勉強しているから。

中学生・高校生のほとんどは、点数を取ることあるいは試験に合格することを目的にして英語を勉強しています。だから点数は取れる、試験には合格できるけど、英語は使えないのです。

でも、英語が使える人は、点数が取れて試験に合格できます。

点数は取れるけど英語が使えない人
英語が使えて点数も取れる人

あなたはどっちになりたいですか?

目的とやり方の違いです。たったこれだけの違いが、単に高校受験や大学受験のための英語学習で終わるのか、それを乗り越えて将来的に英語が使えるところまでスキルを磨くのかを決めます。ほんの少しの違いだけです。

もしあなたが、点数が取れる・受験に合格するだけでなく、どうせなら英語が使えるようになりたいという中学生・高校生なら、ぜひ責善学舎ふじみ野へ来てみてください。テスト対策・検定対策・受験対策を通して、英語が使えるようになる学び方を実践し、中学・高校のうちに英語を習得することができます。きっとあなたの英語学習が未来につながるものへと変わることでしょう。

責善学舎ふじみ野 

教室長 鈴木大樹

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

当教室では、各種感染症の予防対策として、除菌・消臭に優れた弱酸性次亜塩素酸水「プリュテック」を使用しています。

机やドアの拭き取り、トイレ掃除に使用する他、空気中の有害ウイルスや浮遊菌を除菌抑制するため、超音波除菌消臭噴霧器を教室内に設置し、衛生環境の改善を心がけております。

この除菌水と噴霧されている霧は人体に無害ですのでご安心ください。
プリュテックのサイトはこちらをクリック